かづの鉄道日記

鉄道(長野県北部が多い)の記録・乗車記・撮影記・切符など。不定期更新、気ままに書いております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

臨時快速「北信濃NO.DO.KA」に乗車!

10月9日から11日まで飯山線で運転の臨時快速「北信濃NODOKA」号に友達と乗ってきました。

権堂823発-(長野線)-長野828着
長野までは長野電鉄長野線利用です。「北信濃NODOKA」が長野駅を出るのは9時ちょうどですが、機回しを目当てに8時半前に付くこの列車に乗ったのです。8500系でした。

101009_ticket1
往路の乗車券・指定席券

101009NODOKA
長野900発-(臨時快速北信濃NODOKA)-飯山954着
NODOKAは485系改造のれっきとした「電車」です。飯山線はご存じの通り非電化路線ですので、ディーゼル機関車に牽かれての運行となり、注目を集めました。
長野駅のJR線のりばに着くとDE10がNODOKAの南側におり、まさに機回しはこれから…という所でした。

101009NODOKA_DE10
やがてDE10は8番線を通りNODOKAの北側へ。これで機回しは完了です。

機回しが終わるとドアが開き、客扱いを始めます。先頭のフリースペースは「カマの後ろ」というまさに特等席です。発車時の勇ましいエンジン音が圧巻でした。
101009NODOKA_DE10_facetoface

101009NODOKAroom

101009NODOKA_DE10__

101009NODOKA_back

101009NODOKA_back_2

豊野駅では9分間の停車で、皆さん思い思いの角度から撮影していました。

101009toyono_sign

101009_NODOKA_logo

101009NODOKA_toyono

101009_NODOKA_kinen
豊野を出ると、車掌さんが検札と記念乗車証の配布をしていました。記念乗車証はポストカードタイプで切手を貼る欄がついており、9、10、11日とそれぞれの日付のものが用意されていました。

101009NODOKA_chikuma_river
立ヶ花付近に来ると千曲川が見え始め、線路も川の流れに合わせ蛇行した線形となりローカル線の雰囲気を大いに感じ得ました。

蓮を過ぎると線路は開けた所へ出て、併走する国道117号線にも多く見受けられるようになります。

建設中の北陸新幹線の高架をくぐり抜けると飯山駅です。(乗車はここまで…。)
101009_iiyama_sign

101009NODOKA_iiyama
飯山停車中1

101009_DE10iiyama
飯山停車中2

101009_iiyama_130D
行き違いの130D

ホームでは信州DCの記念入場券が発売されていましたが、A4くらいの紙に7駅分の入場券が繋がって印刷されたもので980円と高額な上、全く魅力を感じなかったのでスルーしてみどりの窓口で小児用の入場券(70円)を1枚のみ購入しました。せめてDC記念なんだから台紙付き硬券だったらいいのに…と言うのが僕の本心なのです。

飯山駅を出て南側の新幹線の建設現場を見に行きました。

飯山日赤病院の近くから…。
101009_iiyama_bridge1

101009_iiyama_bridge

101009_iiyama_bridge3

橋脚もしっかりとできており確実に新幹線開業の日は迫っています。

101009_iiyama_building
飯山駅へ戻り、駅舎を撮影しました。この駅舎も新幹線開業に伴い見られなくなります!

101009_iiyama_kaoire
アルクマの顔入れ看板

101009_iiyama_arukuma_kamoshika
カモシカのアルクマ

101009_iiyama_shourou
ホーム内の鐘楼

101009_iiyama_kaisatsu
飯山駅の中

101009_arukuma_takusan
アルクマがいっぱい!!

101009_iiyama_132D
復路は普通列車です。
飯山1149発-(普通)-長野1238着
非ワンマン列車だったので、女声の自動放送ではなく、その都度車掌さんが放送していました。

中野市の旧豊田村の玄関口、替佐で列車行き違いです。数ある童謡を作詞した高野辰之博士がこの地の生まれであることにちなみ、高野博士が作詞を手がけた童謡が列車到着メロディーで流れるのですが、このときは「紅葉」でした。最後まで聞きたかったのですが、残念なことに列車は鳴り終わりを待たずに発車してしまいましたorz

101009_chikuma_river1
替佐周辺の豊かな自然を見て、高野博士は「紅葉」のほか「故郷」「朧月夜」など、皆さんもよくご存知の童謡を生み出しました。
豊野を出ると信越線。長野までは幹線に相応しいパワフルな走りで駆け抜けます。

101009_ticket2
復路の乗車券
スポンサーサイト
  1. 2010/10/12(火) 23:57:39|
  2. 乗車記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<貨物列車を久々に… | ホーム | 長野電鉄の手書き硬券(乗車券)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kztetsu.blog49.fc2.com/tb.php/137-b56332ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

かづ

Author:かづ
長野色の115系、大好きでーす!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (38)
鉄道写真 (101)
乗車記 (24)
きっぷあれこれ (21)
駅れぽ (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。