かづの鉄道日記

鉄道(長野県北部が多い)の記録・乗車記・撮影記・切符など。不定期更新、気ままに書いております。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

御無沙汰です【富山・新潟旅行記(城端線・氷見線etc)その2】遅くなりました!


おととし5月ころでしょうか。僕は富山に行って、城端線や氷見線に乗車し国鉄型気動車を満喫しました。そしてこのブログに記事をまとめようと思い、前編にあたる「その1」として執筆し始めた次第です。

後編のほうも書いてかんとアカンな~と思っているうちに、こんなに月日が経ってしまい…気づけば1年と7ヶ月あまり!いい加減に書き上げないと!ということでブログの更新画面を開きました。

ということで、記憶をたどりつつ書き連ねて行きますよ。
前編では北陸本線の特急はくたかで富山入りし、速星駅で貨物列車を撮影したところまで書いていましたので、その後から。

457toyama_20130208234805.jpg

速星駅から富山駅に戻った僕は、軽く食事を取り「富山ライトレール」乗り場へむかいました。
富山ライトレールはもともとJR富山港線だった線路敷の一部を踏襲し、LRTとして開業した第三セクター路線です。

F1010818.jpg

JR時代に走っていた475系やキハ110系とは打って変わって、新鋭の路面電車TLR0600形が活躍しています。
所属する7編成おのおのが違ったカラーリングになっているので、今日はどの色が来るのかな?というちょっとした楽しみもあります。僕は赤色の編成に揺られ、岩瀬浜まで往復しました。

岩瀬浜駅
▲岩瀬浜駅

F1010813.jpg
▲IC乗車券PASSCA!

さて再び(3回目?)富山駅。駅前の複合商業ビルのエレベータから駅を俯瞰してみました。
新幹線開業を控え、工事が着々と進められているのがわかります。
F1010814.jpg



さて、今回のお宿は城端線沿線のネットカフェと決めていたので、そろそろその近辺へ向かうことにしました。高岡まで北陸線、そこから城端線に乗り換えましたが両者とも夕方のラッシュとあってかなり混みあっていました。通勤時間帯にクロスシート車両は、ちょっとキツイようです。僕は高岡のベッドタウン、戸出に降り立って1日目の乗り鉄は終了です。あとはネットカフェでシャワーを浴びたりして、翌日に備えました。

STIL5623_20130209000414.jpg
STIL5624_20130209000413.jpg
STIL5625.jpg
AP5200294.jpg
F1010807.jpg



さて2日目。ちょっと狭い個室スペースでしたがぐっすり寝付けたので、目覚めもまあまあ良かったです。
さて朝の戸出駅。昨晩は暗くてよくわからなかったけども木造のどっしりした駅舎ということが分かりました。また、簡易委託駅ということで、駅員さんに入場券を所望しました。POS端末の券です。
それから目的の列車が来るまで駅員さんはこの地域や駅についていろいろ話を聞かせてくれました。なんでも、この駅舎は城端駅と並んで城端線で一番古いんだとか。その証拠に建物財産標には明治30年と記されています。

戸出駅
F1010792.jpg
F1010794.jpg



ここから2駅進んで、次に訪れたのは砺波駅。
熱転写マルス端末・MR12W発行の入場券が目当てです。

砺波駅
F1010826.jpg
F1010832.jpg


駅舎は橋上で、周辺の中心駅ということがうかがい知れました。


ここまではキハ40でしたが、今度はキハ47。クロスシートがたくさん並んでいていい感じです。
終点城端駅まで乗車しました。

F1010844.jpg


F1010849.jpg

城端駅
▲城端駅では例によって入場券を。ここも国鉄OBの方がきっぷを売っている簡易委託駅です。

この駅に着いた列車は数分ほどで高岡へ折り返していきます。
スタンプを押したり駅周辺を散策したかったので、見送って1時間後のに乗ることにしました。

P5210004.jpg
▲城端は越中の小京都。歴史ある寺院の建物が出迎えてくれました。

いろいろ見物して駅に戻る頃には目当ての列車にちょうどいい時間。城端→氷見のきっぷに入鋏を受け、目指すは氷見線です!
STIL5627.jpg


P5210027.jpg
▲高岡で待っていたのはハットリくん仕様のキハ40でした。ラッピングから車内までハットリくんだらけ。
車内で流れる沿線案内まで。

P5210037.jpg
▲雨晴付近からは海すれすれを走ります。見える海と岩の景色はなかなかのものです。

P5210037.jpg
氷見駅

氷見到着。市の観光案内所で貸し自転車があるというので、雨晴までサイクリングを楽しみました。
途中、海岸に寄ったり、島尾駅に寄ったり。所要時間は40分くらいだったと思います。
P5210051.jpg
P5210055.jpg

雨晴駅は観光案内所で出札業務を行う簡易委託駅。窓口の観光案内所の方に自転車の鍵を引き渡し、入場券が印刷された記念絵はがきを求めました。縁起のいい地名なので、人気だそうです。
雨晴絵葉書

駅員さんにお礼を言って高岡行きに乗車。いよいよ帰路に着きます。

高岡に戻ると駅構内がなにやらあわただしいムード。
聞いてみれば、これから乗る北陸線が東金沢駅の信号トラブルで大幅に遅れていると。
金沢から来る普通列車が来ない!これから長野へ帰る僕にとっては大問題です。
高岡で2時間くらい待ちましたよ!
F1010913.jpg


やっと運転再開となった直江津方面行きも、特急優先だから普通がなかなか来ない。程なく高岡→富山間の特急券不要の措置がとられたので、富山へ。自由席車両には今まで足止めを食らっていた僕と同じような人たちが大挙し、通路まで大混雑していたのを覚えています。

最終的に富山で直江津行きの普通に乗れたのは19時を過ぎてからでした。
F1010911.jpg
もちろん車内では爆睡!おきたのは梶屋敷のデッドセクションのあたりでした。
お疲れモードながらも、僕は「筒石駅で途中下車をする」暴挙に出ました。直江津からの信越線に接続する北陸線が、そのあとにもう1本あったからです。

F1010908.jpg
筒石駅
筒石駅絵葉書
途中下車した証拠に入場券を買うと、駅員さんは絵はがきをくれました。こういう心遣いは本当に嬉しいです。

F1010896.jpg
▲お疲れモードの僕にこの階段はきつかった。しかし一度降りて見たかったから!

F1010907.jpg
引き続き北陸線に。そして無事信越線の「くびき野新井ゆき」に乗れました。これに乗れれば新井から長野行きに接続できますので。くびき野号も新井からの普通列車もガラガラだったので、気兼ねなく向かい側のシートに足を乗っけて休むことができました。今度こそほんとのお疲れモードですよ。

F1010898.jpg


STIL5630.jpg
▲帰路の普通乗車券

以上!これをもって23年5月の富山遠征の記録を完結とします!
現地でフリーきっぷが調達できなかったり、運転見合わせで途方にくれたりと多々ハプニングはありましたが、思い出に残る旅行となりました。機会があれば、また富山へ行きたいと思います。こんどは富山地方鉄道や加越能バスにも乗ってみたいなあ。窓口等でお世話になった駅員の方々、ありがとうございました。

お読みいただきありがとうございました。











スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/02/09(土) 01:02:17|
  2. 乗車記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お知らせ 当ブログへのコメントについて

最近、当ブログに記事とは関係の無いリンク付きの宣伝コメントが投稿されており大変迷惑しております。
他の閲覧者様にも不快感を与えますので、そのようなコメントはご遠慮いただきたく存じます。万が一発見した場合は告知なしに削除いたしますので宜しくお願いします。

管理人 かづ
  1. 2012/07/27(金) 07:36:16|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロクなネタではありませんが…

塩尻→長野には1日下り1本のみ、おはようライナーなる快速列車が設定されており、中信から北信への通勤の足となっています。車両は189系長野車6両で、ゆったりと着席して通勤できる列車として人気があります。
停車駅は村井・松本・田沢・明科の4駅で、各駅では発車前に310円の乗車整理券が発売され、塩尻や松本などの大きな駅では券売機やみどりの窓口で機械発券されたものが発売されますが、停車駅のなかで唯一簡易委託駅となる田沢駅窓口では、常備軟券タイプのものが発売されています。

Tazawa_kippu1
委託駅員氏は50枚1冊で綴られている券を1枚1枚切り取って、回転式日付印で発行日を入れて発売しています。

同駅窓口のPOS端末では乗車券や自由席券等、最低限の券種しか発券ができないため常備券の出番となるわけですね。他の停車駅でマルス発行の整理券も、入手してみたいものです。

◇おまけ◇

乗車駅証明書
Tazawa_boarding_boucher

POS端末発行の入場券
Tazawa_Platform_Ticket
  1. 2012/07/15(日) 01:25:16|
  2. 日常
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

篠ノ井線 お気に入り撮影地

最近はこれといったネタがありませんので、過去に篠ノ井線のお気に入り撮影地でおさめた写真をいくつかご紹介します。



Obasute1
稲荷山-姨捨
・姨捨駅から道を少し下った所から、善光寺平をバックに撮影できます。

Obasute2
稲荷山-姨捨
・これも言わずと知れた撮影地、姨捨公園から稲荷山方面を俯瞰。姨捨駅から徒歩数分という手軽さもあり臨時列車が走る日はカメラや三脚を持った人が押しかけます。

Kamuriki1
冠着駅
・駅構内も格好の撮影地となります。
冠着駅下りホームから、上りの貨物をパシャリ。

Hijirikougen
聖高原-坂北
・聖高原駅から国道403号を車で坂北方面に数分行くと、築堤ぽくなっているところが見えてきます。そこを線路の反対側に渡るとこんな撮影地が。背景に山があり、いかにも長野の農村ぽい雰囲気の鉄道写真が撮れるスポットです。

Sakakita1
坂北-西条
・坂北駅から西条方面に徒歩10分くらい。

Sakakita2
坂北-西条
・上の写真からさらに南側へ行くとなかなか素晴らしいアングルで撮れる踏切が。車で訪れるときは国道403号線道の駅さかきたに駐車していくのがいいかも。

Nishijo
西条-明科
・西条駅から明科寄りに数分、トンネルのすぐ手前です。写真は上り方面の「しなの」ですが、振り向いてトンネルから出てきた下り列車を撮っても、編成全体が納まっていい感じの写真になります。
  1. 2012/06/22(金) 15:02:59|
  2. 鉄道写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長野電鉄須坂駅 券売機のJR連絡乗車券

240510suzaka_shino

長野電鉄須坂駅の券売機(2号機)では、長野接続JR線内ゆきの連絡乗車券を発売しています。

設定されている口座は下記の通りです。

直江津 1800円
川中島 700円
篠ノ井 710円
松本-村井間 1630円
直江津 1800円
名古屋市内 4630円

いずれも画像のようなエドモンソン券で出力されます。長距離券がこのサイズだと、道中なくしてしまいそうで少し心配ですね。
  1. 2012/05/10(木) 23:04:52|
  2. きっぷあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

~ありがとう長野電鉄屋代線~ 屋代駅入場券

120211yashiro_kouken
※有効期間の長い入場券ですので画像中に「見本」のウォーターマークを入れています。ご了承下さい。

長野電鉄屋代線廃止を前に11日屋代駅では、台紙付き硬券入場券が発売されました。しなの鉄道屋代駅入場券\180と長野電鉄屋代駅入場券\160のセットでそれぞれの会社の地紋が入っています。

屋代駅は2社で改札口が共同となっており、しなの鉄道の入場券(\180)だけで長野電鉄線のりばへも入れるのですがw

いずれにせよ普段長野電鉄の駅で売っている硬券入場券は白い無地紋の券なので、こんな地紋入りは貴重な存在でしょう。
  1. 2012/02/17(金) 05:20:01|
  2. きっぷあれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

かづ

Author:かづ
長野色の115系、大好きでーす!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (38)
鉄道写真 (101)
乗車記 (24)
きっぷあれこれ (21)
駅れぽ (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。